subscribe

You can update this text in your control panel, under Theme Options. Nam massa. Ut tempor augue non sapien lobortis aliquam. Maecenas.

7月 4th, 2014

PCー98はNECから発表された日本のPCで、一時期一世を風靡した日本を代表するPCで、NECが大企業の仲間入りを果たすのに一役かった国民的大ヒットPCです。まだパソコンが日本で普及する前、PCがまだものすごく高いおもちゃのようにとらえられた時代に生まれたこの危機は、熱心に他社が開発争いを繰り広げていた時期にNECをその争いから抜け出させることに成功しました。

IBMが世界中のPC市場を瞬く間に独占することに成功したIBM-PCと、偶然たまたま設計が似ていたこのPC-98は、IBMーPCの技術を簡単に移植することができ、周辺機器やソフトウェア等、世界中で流行していた物を流用できたので、それも手伝いPC-98はますます人気を博し、後にwindows3.1が登場しwindowsの時代が本格的にやってくるまでは、PC-98が時代を牽引してきました。そしてwindowsが爆発的なシェアを瞬く間に拡大していくのを見届けながら、ひっそり最後を終えました。

No
Comments

Tags:

7月 1st, 2014

今でこそパソコンと言えば、ウインドウズと言った感じですが、今から20年以上前に存在したパソコンがpc98シリーズという日本電気株式会社が開発したものでした。
1980年代の中頃から1990年代の始め頃まで多く利用されていました。画像処理や日本語の高速処理等とても優れた点も多く、ビジネス用のパソコンとして多く普及していたのです。
私の記憶をたどってみると、ちょうど自分の姉の家でこのパソコンが使われていた事を思い出しました。主に旦那さんが仕事用として使っていた様ですね。でもよく聞いてみたところゲームでも遊んでいる様でした。
その頃はアドベンチャーゲームが多くあり、良質な作品も生み出されていました。決して画質や音質は今ほどすごいものではないけれど、当時としてはとてもきちんと作られていたのだと思います。
今は新品では手に入りませんが、オークション等ではまだpc98シリーズが売られていると思うので、手に入れたい方がいれば見てみると良いと思います。
私にとっては本当に懐かしいパソコンと言えます。

No
Comments

Tags:

6月 24th, 2014

欲しいPC98が見つかる専門サイトをご紹介します。
PC98シリーズというのは次世代機に対応するため様々な工夫が施されました。その一環として昔のバグをそのまま残しておくことがありました。これは旧式のゲームに対応する際、バグを消してしまうのゲームの良さが失われてしまうと判断していたからです。従ってPC98シリーズはほぼ全期間に渡り、バグの存在が残り続けた面白いハードと言えるのです。
バグを消すことによってつまらなくなるゲームは沢山あります。そのまま残しておくことは難しいのですが、当時のNECは技術を上手く使って残し続けました。バグの存在によってさらに面白くなるゲームを、次世代機まで残し続けた努力というのはとても素晴らしく感じられます。
名機という言葉がしっくりくるパソコンだと思いますが、その中には互換機やWindowsパソコンの台頭による苦しみも数多くありました。バグという部分に着目して残し続けたため、多くのゲーマーにも親しまれたパソコンとして今でも語り継がれているのです。

No
Comments